高次脳機能障害 体験談

2019年1月に大人が発症する確率が1万人に一人といわれるインフルエンザ脳症になりました。
頭のネジが飛んでしまい、数十秒前のことすら忘れてしまう状況に。

そんな私が入院した当日に思い立ったのが、
「この体験は得難いものがある。ブログにして情報発信してやろう!」
でした。

認知力と発想力というのは脳の違う領域を使っているんでしょうかねぇ?

MRIで脳がはれ上がっているのが確認され、「このままでは植物人間になる」と診断されている中、ぼんやりとした頭でそんなことを考えていたんです。

このとき始めたのが出来事をすべてノートに記録することでした。

あれから半年。遂行機能障害の影響もあって、情報発信しようと思いつつも半年以上が過ぎてしまいました。
でも念願の情報発信ができるぐらい脳が回復してきた感じがします。

このカテゴリでは、脳炎を発症し認知が崩壊して精神障碍者になってしまった私の体験談を掲載します。

高次脳機能障害 体験談

病識…高次脳機能障害で折れる心|耐えるために一番に必要なもの

高次脳機能障害になったのは2019年1月17日。今日は2022年6月29日。3年6か月が経過したかな?日付計算は苦手です。 今日は「高次脳機能障害って病識が持てるかどうかで世界ががらりと変わる。」という、私の経験を元に勝手に定義して...
高次脳機能障害 体験談

高次脳機能障害の特性と闘う毎日|環境が私を足手まとい化する現実

高次脳機能障害になって3年以上過ごしてきました。 最初の頃は千葉リハで心理検査を受けまくりました。障害の状況を詳しく知るためです。 また千葉リハ主催のグループリハビリも受けました。高次脳機能障害について学びつつ、自分の障害の現...
高次脳機能障害 体験談

「高次脳機能障害者が行う仕事ではない」頭を使う仕事をした時に困ることの実例

「あぁしんどいなぁ…」 仕事中にそう思うことが多々あります。 高次脳機能障害になったのは2019年1月。今日は2022年6月21日です。3年と半年ほど障害者として過ごしました。それでもシステムエンジニアとして何とか頑張ってきま...
高次脳機能障害 体験談

入院中の高次脳機能障害者への理解が不足している

「高次脳機能障害ケアプログラム開発に関する研究」という文章を見かけました。その中に「なるほどなぁ。そうだったよなぁ…」と思える部分がありました。 ↓↓↓ 私がなるほどと感じた部分は「一般病院では、高次脳機能障害に対して全般的な...
小学6年からの不登校の克服

気力尽きた。障害になった時よりもつらい。頑張らないための結論

もう何もしたくない。ずっと一人でいたい。一人で生きて生きたい。 今日は朝からずっと、暗い気持ちで過ごしています。まったく気分が晴れません。 何もかもが終わればいい。 原因は一つ。子供の不登校。 今週は月曜日に学校を...
高次脳機能障害 体験談

子供が早退してきた。苦しい。すべてを投げ捨てたい。

子供が早退した程度で…と思うでしょう。 馬鹿みたいですね。 でも今の正直な気持ちです。 今日子供が早退しました。 病気? いいえさぼりです。わかっています。さぼりです。このクソガキ。 怒りと悲しみと絶望...
高次脳機能障害 体験談

障害を負っても頑張り続けた私の心を挫けさせる2つの出来事

高次脳機能障害になって丸々4年を過ぎました。最初の半年は厳格なようなものを見たり、一人で電車に乗れなかったりと散々でした。 でも今は仕事をどんどんこなし、自由に運転もできるようになりました。ようやく障害前のような生活が戻ってきた。そ...
高次脳機能障害 体験談

仕事なくなりました…試練・試練・また試練

ついに仕事が無くなりました。 障害前からずっと続いていた仕事でした。 私は複数の会社の仕事を同時進行しています。だから一つの仕事を失っても収入がゼロになるわけではありません。でも、長く続いていた仕事を失うのは痛いです。 ...
高次脳機能障害 体験談

高次脳機能障害になって3年3か月後|また一つ自分を取り戻した

インフルエンザ脳症になって記憶障害と注意障害になって3年と3か月がたちました。 脳に障害を負ったけれど何とか、パソコンを使ったシステム開発のお仕事をやれています。 やれていますが…。ほんとうに「何とかやれてい...
高次脳機能障害 体験談

ガンプラを求めて…ダイバーシティー東京に行くつもりが大井まで流された

子供が言うんです「ゴッグが欲しい」「キュベレイが欲しい」って。この二つは今、転売で話題のガンプラです。なかなかマニアックな選択だと思います。 マニアックなのでヤマダ電機やイオンでは売っていません。AMAZONなどの通販かガ...
タイトルとURLをコピーしました