中学初めての月曜日|行き渋りはどうなった?

小学6年生の冬から行き渋りになった子供。無事に中学進学したものの「中学になったら普通に毎日学校に行けるようになる!」などという保証はどこにもないわけです。

先週が中学の入学式。木、金と学校に行けました。そして初めての月曜日がやってきたわけです。もうめっちゃ不安しかありませんでした。果たして学校に行くのだろうか?行きたくないと言い始めたらどうしよう…と考えていました。

結論から言うと、今日、月曜日は普通に学校に行けました。特に問題はなさそうです。ホントよかった。子供は何を考えているのかわからないけれど、私自身は毎日が針のムシロ状態ですよ。全く心が落ち着きません。

今日は初めての午後の授業がある日。中学校初めてのお弁当を持ちました。朝方妻は張り切ってお弁当を作っていました。お弁当は全部食べたでしょうか?後で食器洗いをする時に解る事でしょう。

玄関に脱いでそのままの学生服が落ちていました。だらしがないです。まだ数回しか着ていないのに早くもしわくちゃになりそうですが、中学校男子なんてこんなものですかねぇ。私の時はどうだったかなぁ…うちの子はだらしがない傾向があります。

家に帰ると学校の半そで短パンのジャージ姿でうろうろしています。部屋着はあるのですが、ジャージの方が動きやすいですものね。私も中学生時代は同じようなものでした。パートから帰ってきた妻がどのような反応をするかは分かりません。

あぁ…なんというか、中学生がいる家って感じです。どこにでもある家でしょう。それでよかったです。

不登校が続いて朝晩教頭先生や担任の先生と密に連絡を取り合って、千葉リハでもカウンセリングを受けて、中学校や小学校と相談をして…仕事がどんどん遅れていって…毎朝地獄の気分で目が覚める。8時になると妻と子供が玄関でもめている…

そんな生活でした。数か月前までは。でも今日は違います。中学に入ってからは違います。当たり前のようにお弁当をもって学校へ行き、当たり前のように帰り、ごろごろしている。それで良いのです。

妻は反対しますが私的には塾なども別に必要ないと考えています。塾で学力を上げるよりも得意なことを見つけ出して夢中になってほしいです。何かを極めてみて欲しい。

ガンプラが好きで毎日いじっているのなら、コンテストに出品できるほどに作り込んで欲しい。そう考えています。

とりあえずは。今日も子供は行き渋らなかった。

それだけで100点です!これで私も安心して仕事に打ち込めます。

コメント

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました