スポンサーリンク

当事者の感想を加えた自立支援医療まとめ①|そもそも何のこと?利用したほうが良いかどうかの判断に

自立支援医療制度

高次脳機能障害になってから自立支援医療を利用しています。

千葉リハでの診察の時に受付で提出しています。

今はほとんど使う場面も無くなりましたが、退院後1年間はかなり活用させていただきました。

そこで「自立支援医療」について、私の経験とネットで検索されそうなQ&Aを元に、まとめをしてみたいと思います。

いったい自立支援医療にはどんなメリットがあるのか?どんなデメリットがあるのでしょうか?

スポンサーリンク

そもそも自立支援医療って何?

超簡単に分かりやすく書くと「自立支援に関わる医療費が安くなりますよ。」というものです。

もっと簡単に書くと「障害を負ってしまったけれど、なるべく一人で行動できるようにするための医療費をお安くします。」ですかね。

私、サラリーマンではないので国保なんです。だから医療費が3割負担なんですよ。正直、高いんですよ!

交通費だって自宅から千葉リハまで電車で片道700円ほどかかります。JRと比べて電車賃が安い私鉄を使ってですよ!本当はJRで行きたかった!でもJRはもっと高い!だからお安い京成線を使っていましたが…。

当時は千葉リハで受診すると1回4千円以上はかかっていたと思います。1割負担でこれですから、3割だったら1万2000円ですよ!たかい!

心理検査、グループリハビリ、診察と週に2~3回は千葉リハに通っていました。本来なら入院すべき状態でしたからねぇ。

もうね、お金がどんどん減っていくんですよ。それでなくても働けなくなって収入はゼロ円。貯金を取り崩している状態だったんです。そこにこの医療費の負担は墓場の躯に鞭打つような状況でした。おかげで新車を買う予定で必死にためていた貯金が全て無くなりました(涙)

お金で苦労してきた私の認識では「自立支援医療とは医療費が3割から1割になるもの」となっております。ありがたい!

ちなみに毎月の支払上限もあります。例えは1か月に3000円の治療を3回受けた場合、本来なら9000円です。でも自立支援医療の場合は月当たりの支払い上限額がありますので、それ以上は負担なしとなります。

私の場合は月に7500円が上限でした。だから千葉リハに何度通っても7500円までだったんですよね。助かります。

自立支援医療のデメリットは無いの?

日常生活に関してはデメリットは無いです。使える制度はどんどん活用しよう!で正解。

私でいうと、2019年1月に発症して今は2021年8月。ずっと医療機関のお世話になっています。運転も再開しています。働いてもいますが、何もデメリットを感じていません。

…とはいっても、高次脳の治療に関しての医療費軽減なので、糖尿や風邪の医療費は割り引かれません。何でもかんでも使えるわけではないので注意!

高次脳の具合が良くなると通院もリハビリも必要なくなります。そうなると自立支援医療受給者証を持っているけれど、特に活用する場面は無いですね。年に数回診察があるのでその時でしょうかね…。

自立支援医療と生命保険料の関係は?

生命保険の更新時に、保険料ががあるようなことはないようです。でも新規で加入するときは「告知」があるようです。そこで保険に入れなかったり、保険料が高くなったりするのだと思います。

ちなみに自動車保険も同じです。私はスバルの自動車保険に入っていますが、高次脳機能障害になっても等級と保険料には変化はありませんでした。

生命保険は若くて元気なうちに入ったほうが絶対いいですね!私は20代の時に入ったので、保険料の府負担は考える必要はなしです!

うつ病になってからだと生命保険に入れない?発症後の更新について
うつ病などの精神疾患にかかった人は、生命保険の加入や更新はできるのでしょうか。また、うつ病などになった時の経済的負担をサポートする公的制度についても解説します。

自立支援医療を受けるとローン返済はどうなるの?

私自身はすでに家のローンを払い終えています。車のローンはありません。だからローンが無いんですよね。でも「家のローンがあと20年あるのに!!」という方も当然いますよねぇ…。

とりあえず「新規に団信には入れない」ようですね。

自立支援医療制度に関して教えてください - 相談の広場 - 総務の森
総務 会社に提出する診断書に自立支援医療&#21046...

すでに住宅ローンに加入済みの方は、障害の種類によってはローン免除になるようです。

私の障害とは比較にならないくらい重いものとなります。自立支援医療とは直接関係ないけれど、障害の重さとの関係ということでメモしておきます。

団体信用生命保険でローンが完済となる高度障害とはどんな状態?
住宅ローンを組んだときに、多くの方が加入している団体信用生命保険。実は死亡以外にも団信からローンが返済されるケースがある。それは高度障害状態になったときだ。どのような状態が該当するのか確認しておこう。

自立支援医療と生活保護

自立支援を活用しても生活できない…となると生活保護を使うようになると思います。

が、国としては可能な限り生活保護は使わせない方向でいるようですね。

「生活保護対象になるのを防止するために、医療費をどんどん下げるほうを優先する」だそうです。

ここに書いてありました。↓

https://www.pref.okinawa.jp/site/kodomo/shogaifukushi/old/documents/siryou9(4).pdf

自立支援医療と訪問看護

私は訪問看護は受けていないので詳しくないので引用だけしておきます。

訪問看護を利用するに当たっては2種類の保険制度があります。それが医療保険制度と介護保険制度です。
精神通院自立支援医療の利用で訪問看護サービスを受ける場合 精神通院自立支援医療を既に持っている方については、訪問看護指定の追加申請が可能ですが、訪問看護が必要な理由が明確である必要があり、申請後審査が行われます。

https://www.magokoro-sakura.jp/houmonkango/
訪問看護 | そよかぜ訪問看護ステーション
看護師などが、ご自宅に訪問し療養生活を送っている方や、介護を必要される方々に対し、住み慣れたご家庭でより快適な療養生活を送ることができるように、かかりつけの医師と連携を取りながら、一人一人の状態に合わせ看護を提供いたします。また、利用者様一人一人の療養上の課題をできるだけ早く発見し、医師や、薬剤師、ケアマネージャー等...

コメント

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました