スポンサーリンク

新しい事にチャレンジ!お庭で野菜を育て始めました

「野菜の苗をあげるよ。育ててね。育ったら教えてね。」

そんなわけで野菜の苗をいただきました。

いただいたのは、トマト、ししとう(二種類)、ナス、ピーマンの5種類の苗。

「ええ?興味はあるけれど、育てられかしら?」ちょっと不安がありましたが、せっかくの全く新しいチャレンジです。作業療法です。自然相手だし脳に良いかも?それに育てばもぎたてフレッシュな野菜がたっぷり楽しめますしね!

そんなわけで野菜作りに挑戦してみることにしました。

スポンサーリンク

野菜作りに必要なものは何?

昨日とつぜん「苗をあげるよ!」といわれて「はい!」って気軽に頂いたのですが、少したって思ったのです「はて?何が必要?」って

冷静になって考えると、野菜を植える土すらないんですよね。我が家には。幸いにも庭はあります。大きめの物置と植木が数本ありますが、大部分は雑草が好き勝手にのびています。

でも地面はガッツリ硬い土です。とてもじゃないけれど畑の土のようにふんわりさっくりではありません。植えたらきっと根を張れずに枯れてしまいそう…。

そんなわけで考えました。「自宅で野菜を育てるには何が必要なんだろう?」って…

で、考えた結果こんな道具が必要なんじゃないかな?と想定して、急遽ジョイフル本田までいって、道具を買ってきました!

なにせ生きている苗を突然いただいたわけですから、とにかく早めに落ち着かせてあげないと「枯れてしまいそう!」って怖かったんですよね。

初心者が野菜を育てるために最初に用意したもの達

ええ。畑に行けば無限にありそうな土。でも戸建ゾーンには土ってないんですよ!!

「土を買うのかあああ(涙」って一瞬思いましたが、土ってすっごい大事だと思います。家でいう基礎ですね。ここをケチってはダメダ!その辺から持ってきちゃだめだ!(当たり前)というわけで土を買いました。

プランター

さて土を買っても土をまく場所がありません。硬い庭の地面の上に土をまいたらどうなるでしょうか?あっという間に薄ーく広がって、雨で流されて跡形もなくなるでしょう。

買ってくる土は栄養価の高い土です。肥料も含まれているものです。普通の土じゃないんですよね。それを庭にまいたら…庭の雑草が狂喜乱舞することでしょう!にくい雑草に与える土なんて1グラムもありませんよ!だから土を入れる野菜用のプランターが必要なのです。

野菜用のプランターは花用とは違って大きいですね。大きいということはそれだけ土が必要=お金がかかるということですね!「うわあああ。」ってなりましたがここでひるんではダメ。大きめのプランターに見合った量の土を買いました。ちなみに肥料入りです。

追肥用の肥料

野菜は植えてから少し経過したら「追肥」というものをするそうです。肥料の追加ですね。この肥料は苗と一緒にいただけました。よかった(*´▽`*)

野菜を支える棒

1本128円だったかな?一応野菜の本数分だけ買いましたよ。トマトは背が高く伸びるし、ナスも枝豆も支えが無いと風で折れてしまいます。重たい実もつく予定です。だから支えようの棒も苗の数分だけ用意しました。

ジョイフル本田で苗以外を一式購入して4700円でした。妻からは「野菜をイオンで買うより高くつく!」って不満げでした。でも野菜って何度も実が採れるし、プランターなどは次の年も使えますしね。きっと費用よりもリターンの方が大きくなるはず!

野菜をプランターに植えてみた

この日は日中ずっと歩きっぱなしで疲れていたのですが、「苗が弱まる前に土に植えてあげたい!」というわけで野菜を植えました。日が沈んできて薄暗くなるまえに作業を完了させなければ!

次の日の朝(今朝)も水をあげておきました。あまり水をやりすぎると腐っちゃうかな?その辺りが良くわかっていません。この後はお天気続きになって雨が降らないようだったらお水を上げることにしてみたいです。

おいしい野菜を収穫するためにも色々と予習をしておかなくちゃ!

野菜のおかげで初めて明るい話題の記事がこのサイトで書けたような気がします。うれしいです(喜)

コメント

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました