スポンサーリンク

千葉リハで半年ぶりの診察|高次脳機能障害から二次障害発症です。

半年ぶりに千葉リハでの診察結果は想定外なものでした。

「二次障害を起こしている」

そんな診断を受けました。

「二次障害ってなんだろう?」はっきりとした事はわからないのですが、なんとなく「この事なんだろうな」という予感はしていました。高次脳機能障害になってからの2年と4ヶ月でとことん心を削り落としてしまったようなのです。

スポンサーリンク

私の二次障害ってこんな感じ

まず、二次障害とはなんでしょうか?診察の後の作業療法士さんとのミーティングで早速質問をしました。簡単にまとめると「自信がなくなりすぎて大変なことになっている」ってやつです。

私、高次脳機能障害になってからのいうもの完璧に自信を失いました。記憶障害って辛すぎですね。とにかく間違えるんです。間違えると萎縮します。萎縮すると行動ができなくなります。何をするにも恐怖を感じるようになります。

行動の一つ一つに恐怖を感じるということは、行動ができなくなるということです。あまりにも無情すぎます。神も仏も居ないのか状態です。これがインフルエンザ脳症にかかった人間が通る道なんですかねぇ…。

しかし、自信が無いというのには困ったものです。人とのコミニュケーションが怖くて仕方がありません。仕事なんて恐怖の塊ですよ。毎朝自分を奮い立たせないと仕事の席につけないのです。

以前の私だったら、仕事は片手間レベルでもお茶の子さいさいっといった感じでやっつけていました。いつも余裕がありました。心が追い詰められるなんて事はありませんでした。それなのに今は仕事は恐怖の対象です。中心かもしれません。

仕事をするのが怖い。怖いから必死に行うんですよね。お金を稼がないとなりませんしね。逃げるのも嫌なんです。倒れる時は前のめりですよ。だから恐怖に向かって行きました。吐きそうになりながら戦い続けました。

はなしの内容がわからない時は確認すればいいのですが、ちょっとした確認を取るにもとても勇気が必要です。電話をするのが恐ろしい。メールをするのが恐ろしい。そんな状況ですよ。それでも負けずに立ち向かいました。我ながら強いなって思います。でもその無理に心が耐えられなかったようです。その結果が「二次障害の発症」だったのです。

二次障害になったら何を受診するのか?

しかし高次脳機能障害って恐ろしいですね。まぁ脳の障害ですからね。恐ろしく無いわけがありません。ホンノ少しの…軽微な傷だったんですよ。海馬についた傷って。それなのにここまでひどいことになるとは思いませんでした。期間もべらぼうに長いですね。これから新ステージ突入なんですものねぇ。

次に進むステージは「精神科」だそうです。脳神経内科から精神科へステップアップですよ…。ひどいなぁもう。

薬なども出るそうですね。最初は軽い作用の薬から飲むと説明を受けました。それでなくても糖尿用の薬でお金がかかっているのに、さらに精神科の薬も飲むのか?って思うとうんざりすぎますね。金が減っていく一方です。これってますます私の精神状態を悪くするような気がするのですが…。

高次脳機能障害になって実際のところどうなの?

私の障害ってどうなんでしょうね。大学病院の心理検査では1点足りないだけだったのですが、千葉リハの心理検査の結果では結構悪かったような気がします。点数のパラメータがとんでもなく凸凹していたのを思い出します。このアンバランスが障害の現れなんでしょうね。

能力のバランスが悪いと何が起こるのかというと、正常値の部分を基準に行動してしまうんですよ。無意識のうちに。すると必ず能力が落ちている部分で引っかかるんです。そこで行動が止まってしまうんですよね。

自分の頭の中だけのトラブルだったらまだいいんですよ。現実はそうはいかなくて、周囲を巻き込んでしまうんですよ。だから周りに迷惑をかける結果となります。ダメダメすぎます。周りに迷惑かけた時の落ち込みようったらないんですよ。「またやってしまった」って自分で自分にがっかりするんですよ。

自分にがっかりするとしばらく立ち直れません。だからミスをしないように全能力をかけて対策を練るんです。気を抜かないで生活し続けようと頑張るんです。だから夕方になると疲れ果てて記憶が飛んでいるのかもしれません。これまた悪循環ですね。

気を抜かずに生活し続けるとどうなるのかというとこうなるんですよ。

「ミスが増えます」

ええええええ?ですよね。意味ないですよね。それこそ血の涙を流すような努力をしてるんですよ。失敗しないように頑張るんですよ。挫けそうになる自分を何度も何度も奮い立たせるんですよ。ところがね。頑張れば頑張るほどに…

「失敗します」

なぜかというと、それが障害だからです。やっぱり私は高次脳機能障害者なんだって実感しました。

これ、やっぱり治らないのかもしれないですね。ちょっとがっくりきています。情けなさすぎです。

成功の元にならない失敗はメンタルを削るのみ

普通の人なら「失敗を糧に成長する。」「同じ失敗はしない。」なんて言うじゃないですか。ところが高次脳機能障害な私には通用しないんですよ。

なぜなら記憶障害で覚えていないし、注意障害で常識的にありえないことを実践して失敗してしまうからです。いつも思いますよ「なぜこんな失敗をしてしまうのだろうか?」と。反省しているんですよ。でも失敗をするんですよ。もうどうしようもない状態です。

ここまで失敗続きだとメンタルが削られまくります。その結果「私はダメな人間だ」「私はここにいない方がいい」なんて気持ちが湧いてきます。こうして二次障害が発生して深まっていくわけなんですね。

二次障害との付き合いが始まった

しかし、辛いですね。不幸すぎますね。

時々「もう何もかも辞めてしまいたい。」って思う時があります。これもまた二次障害の症状なのかもしれないですね。

まさか今になって「何もかも」って考えるようになると思ってもいませんでした。

今まではずっと快方に向かっていると考えていましたから。でも現実はメンタルが弱っていて「精神科」でどん底から抜け出さなければならないようです。

辛いなぁ。不幸だなぁ。それでも仕事はやってくる。しんどいです。

思いっきり弱音を吐きたいです。でもそれが許される環境ない。辛いです。

どうすれば乗り越えられるのだろうか…

コメント

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました