スポンサーリンク

高次脳機能障害というピンチをチャンスに変えて前進してやるぞ!ここまで脳が回復したよ

「障碍者になったのにメリットも何もないだろうが!」って思うかもしれませんが、障害者になるのって結構人格が変わるものだなって感じています。人格が変わるってなんか悪い方向に捉えられそうですが、良い方向にも化けるんじゃないかなぁ?とも感じています。

一時期はどん底中のどん底に突き落とされて、世の中が真っ暗。過去の自分を想っては泣いて暮らす毎日でしたが、それでも「ピンチはチャンスるになるんだな」という発見がいくつかあります。

発見というか行動ですかね。高次脳機能障害になって行動が変わりました。

困りごとを解決するところから始まりました。記憶障害は本当に不便です。何かしらの工夫を実践していかないと仕事どころか、日常生活にも困るんですよね。今起きている出来事を未来の私は忘れてしまうわけですから。

インフルエンザ脳症になってから今日までの2年半。とにかく壁にぶつかりまくりでした。壁にぶつかったら乗り越えないとならないんですよ。諦める人もいるかもしれませんが、私はあきらめたくないんです。

だから乗り越える。でも乗り越えられないんですよね正面から挑んでは。だから乗り越えるための工夫をしました。沢山しました。その結果私の障害は障害では無くなているんじゃないのかな?なんて思えるレベルに状況が改善しています。

どんな改善を行ったのかというのは置いておくとして、ここで伝えたいのは「諦めずに常に知恵を絞って行動し続けること」なんです。

確かにね忘れちゃうんですよね。ありえないレベルで。目の前の携帯を目の前のノートの裏に隠された途端に「あれ?携帯どこに置いたっけ?」ぐらいのレベルでしたから。

そんな絶望的な状況の私でしたが、障害ってちょっとずつよくなっていくんですよね。個人差はありますよ当然。私の障害はちょっとずつよくなっています。実感があります。

器質的に改善している(こういう表現ってあるのかしら?)のもあると思いますが、生活に工夫を取り入れることで木尾耕障害ゆえの不便が減っていくんですよね。これって大きいと思います。

工場などでは「知恵を絞って改善だ!!」なんて息巻いていたりするけれど、私もそんな感じでしたね。それこを改善しないとまともな生活が送れないレベルですからね。やるしかないんですよ。

その結果、記憶障害でも何とかやっていける、生きた工夫というものがいくつも編み出されたわけです。

スポンサーリンク

生きた工夫を職場でも生かしたい!

私には一つの野望があります。障害による不便さを減らすための工夫を社会で使えないか?というものです。社会というとちょっと大げさかな、実際は健常者しかいない職場ですね。ここで使えないかな?と考えています。

どういうことなのかというと、誰でも仕事のミスってあると思うんですよ。それを無くす工夫に私が障害を克服するのに考えた工夫を取り入れられないかな?と考えています。

仕事のミスを減らすのって、経営的にも大きな課題だと思います。「一つミスをすると損を取り戻すために必要な原価は通常の3倍」とされていくらいですから。(確かそうだったとおもう)

そもそも記憶と注意力がガタ落ちの私がミスを無くす工夫をするのです。健常者にとってもありがたいと思います。誰にだってミスや勘違いってありますものね。だから絶対に職場に取り入れたいですね。私の工夫を。

やっと自分を信用できるようになったよ

私がやろうとしていることって職場改善ってやつなのかもしれません。それを誰にも言われていないのに率先してやろうとしています。

これって、一昔の自分からは想像できない行動です。だって記憶障害ゆえのミス多発で自信喪失し、自分が信用できませんでしたから。本当に本当に自分の価値はゼロになった。って考えていました。お先真っ暗でしたよ。

でも、時間の経過とともに脳が回復してきて、工夫も沢山重ねることが出来て、ここまで回復することが出来ました。

これからは「自分の障害の回復だけではなく、周囲を幸せにする」という、社会貢献な事をやっていきたいな。と、考えています。もうね。これは自分にしかできない特殊なことだと思います。

だって「高次脳機能障害者が職場の改善を率先してやっていこう」って野望を抱いているんですよ?自画自賛ですが、「俺凄くね?」っていまワクワクしていますよ!もうね朝仕事机についたときに、仕事が怖くて怖くて、吐き気を催していた頃とは雲泥の差になっています。

ようやく「あの頃の自分は良かった」のあこがれていた自分が帰ってきた気分です。

まだ多少障害が出ることがありますが、それは今のわくわく感の前では造作もない事です。私がチャレンジしようとしていることは、とても大きいと思います。

確かに疲れると記憶が飛びます。思い出せません。見えていたものが見えなくなると「?」となります。それでもいいです。私は、私が作り出したゴールを達成したい。

新しい職場での仕事を頑張るのはもちろんの事です。私はさらにその上を行きたい。そこで働いている従業員の方々がさらに便利になる。楽になる。幸せになる。そんな環境を作るために知恵を絞りたいと考えています。

それがこれからの私の生きるテーマです。

仕事を再開した時に1歩も前進できなくなり「自分の価値は無くなった」と怒り狂っていた私ですが、これからは「失った自分の価値づくり」に挑戦していきます。

新しい事へのチャレンジ。これも作業療法になるのかしら?

とにかく前進します!

コメント

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました