高次脳機能障害を完全に乗り越えた証明を作りたいプロジェクト

「自分にはもう価値がない」

3年前はそう嘆いてどん底にいた私ですが、自分の価値と自信を取り戻す行動を始めました。

それは何かというと、「自分が今まで積み重ねてきた経験を形あるものに変換して、人の役に立てよう。」というものです。

新しい事への挑戦でもあります。ずっと続けてきた作業療法の一環です。(すでに作業療法の範疇を超えているのかもしれませんが)

今日はここで大ぶろしきを広げて夢を語ってみたいと思います。ついに過去目線から切り替えて未来を見つめられるようになりました!

私がやりたいことのゴール

私の障害克服のゴールは、健常者時代の私が出来なかった事をなしとげることです。

健常者時代の私はいろいろとできました。でも障害後の私は出来る範囲が限られてしまいました。そんな状態を乗り越えたい。

現状打破のために新しく目標を定めました。その目標は健常者時代の自分には絶対に思いつかないものです。だって障碍者としての経験値がゼロでしたからね。

今の私は高次脳機能障害の経験値が積み重なっています。これは大きなアドバンテージです。そのアドバンテージを存分に生かしたい。

何をするのかというと、「高次脳機能障害の見える化」です。ずっと温めてきたアイデアがあります。それをいよいよ形にするための第一歩を踏み出します。

やりたいことはもう一つあります。「今お世話になっているお店の業務改善」です。このお店はすべて手計算でやり取りをしています。そこにITを投入して職場の方々の負担を減らしたい。

この二つが私が始めた「私の高次脳機能障害を完全克服したことを証明するプロジェクト」のゴールです。

高次脳機能障害完全個降伏プロジェクトってどういう手順で進めるの?

私ができるのは「システム開発」です。だから、IT装置に私の今までの経験を注ぎ込んだシステムを構築します。それをみんなに使ってもらおうと考えています。

間違いなく当事者にとって便利になるはずです。負担も減ります。機能的にどうすれば便利になるのかは、今までの何十年もの経験がありますからしっかり理解しているつもりです。

IT装置はタッチパネル付きのノートPCを使います。昨日購入しました。

タッチパネルなので指先で「ぴっぴ!」っとタッチして操作ができます。分かりやすいです。迷いません。可能な限りキーボード入力は避けるつもりです。っていうかゼロにしたい。

たたき台ができたら自分が実践で使ってみます。使いたおして角を削って磨き上げて、本当に現場の人から喜ばれるシステムに精度を上げたいです。現場の人の負担をへらしたいわけですから、難しい操作は極力減らします。

こうして自分をたたき台にして作る。一つが波にのったら最近、近所にできたB型就労施設のお弁当屋さんに売り込もうと考えています。

売り込むといってもお金を取るつもりはありません。試しに使ってもらえたらそれでいいです。でも本音を言うと何かのきっかけがあるときに「この仕組みは高次脳機能障害の方が作ったんですよ」と言って欲しいかな。それだけです。

障害があるとしても「こんな事も出来るんだ!」というところを見せてやりたいのです。

私には「高次脳機能障害者のイメージを一新してやりたい!」そんな気持ちがあります。

たぶん私の記憶力がダメになってどん底に落ち込んだ自分への仕返しなのだと思います。

「落ち込んでるんじゃないよ!まだまだ未来は続くんだよ!将来はこんな事も出来るようになるんだよ!どうだ、お先真っ暗じゃないだろう?すごくないか?」

そう過去の自分に言ってやりたいのです。もし障害に苦しみのたうち回っていた頃の自分が、今のワクワクしている自分の姿を見たら何と思うでしょうか?

絶対未来の自分に対して「すげぇ!」って思うはずです。その「すげぇ!」は今はどん底の自分もまだやれるんだ。元の世界に戻れるんだ!脳波回復するんだ!!という希望を肌で感じて発する喜びの言葉です。

正直できるかどうかわからないけれどコツコツ積み上げていくぞ!

どこまでできるかわかりません。なにせ今回用意するパソコンはOSだって真新しいですしね。最近はやり始めたWindows11なんです。触ったことがありません。完全にまっさら新規の世界です。

そこに私の今までの経験を詰め込んでやろうと思います。お金が無いので安いパソコンです。でも目標達成すれば黄金の宝箱となります。

できればB型就労施設で使って欲しいですけれど、無理なら私が毎週通っているお店でガンガン使い倒しますよ。だから無駄にはなりません。私が一緒に働く価値を同じ職場のメンバーに見せたいです。

私は高次脳機能障害です。

記憶障害があります。疲れると記憶が引き出せなくなるようです。

注意障害もあります。疲れると注意すべきものが意識から抜け落ちるようです。これも記憶障害の影響です。

この二つの障害があるために「遂行機能障害」と診断されています。つまり「目的が達成できない」わけです。

その私が、職場の人たちが楽になるシステムを作り上げる。そしてB型就労施設に売り込む!

ここまでやってみたいと思います。売り込みに失敗しても構いません。「売り込んだ」という経験が詰めればそれでいいです。そこがゴールでも構わないのです。

だって、「施設に自分のシステムを売り込む」ってよっぽど自信がないと出来ませんから。

記憶障害がひどくて自信を完全に失って二次障害まで引き起こしていた私が「売り込む」ですよ?とんでもない回復だと思います。

挑戦するだけでもOKなんです。

昔の私もそうでした。ダメもとであちこちに飛び込んで教えたりしていましたから。

そこが昔の私の頂点です。

「障害を負って以来強大な壁に感じられた過去の自分。その最後の壁との闘いが今始まる」

ですね。頑張ります!

コメント

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました