高次脳機能障害のリハビリ完了!障害が治ったとする条件とは

高次脳機能障害になって1年と3か月が過ぎました。全回復を目指して毎日を過ごしています。

最近は、お仕事も以前のようにできるようになりました。運転も再開して3か月になります。超安全運転です。となりに教習所の教官が乗っていてもニッコリまちがいなし!そんな感じで運転をしています。

今日は自分の運転で千葉リハへ行くという目標も達成しました。(ただし千葉リハとの約束を守るために、道のりの1/3は運転を交代してもらっています)

こんな感じで、次々と目標を達成しています…が欲望は尽きません。まだまだクリアしたいテーマが残っています。それは…

  • 運転制限を完全に解除したい!
  • 高次脳機能障害を完治させたい!

この二つです。

特に前者ですね達成したいのは。後者は自分の意識の問題です。でも、前者を達成するためには「意識が大切」みたいです。今日は千葉リハでそんなお話を聞いてきました。

1年前の絶望感たっぷりだった悲惨な状況と比較すると、とんでもなく回復しています。知らない人が見たら、私が高次脳機能障害だなんてわからないでしょう。障害の有無に気が付けるのは、昔の自分と今の自分の違いを比較できる妻だけです。そのくらい普通の状態に回復しています。

そんなわけで1年続いた通所リハビリも完了となりました。あとは状況を確認するために、定期的に千葉リハにお話をしに行く。といった流れになるとのことでした。

今日のお話で思いました。「障害が治るってこういうことなんだろうな」ということに。

高次脳機能障害の運転制限が完全解除される日は1年後

私の最大のテーマです。千葉リハに行くたびに質問しているような気がします。

結論から言うと「少なくとも1年は今の状態を維持する」です。制限を完全に外すかどうかは定期的に行う診察で様子を見てからになります。

ただし、この制限には法的な縛りはありません。あくまでも千葉リハとのお約束。私がその気になれば、今スグ宮城県へ550Kmの道のりを運転することも可能です。

でも私や周囲、世の中の安全のための約束ですので、きっちり守りたいと考えています。運転をしたら逐一ツイッターで報告です!今のところ100%もれなく運転状況を報告しています。

運転制限の完全解除は先だけれど自由に運転してよし

運転制限の解除は1年後とのお話でしたが、運転時間の制限は私の裁量にお任せとなりました。

私が思うに、「当事者自身が状況を把握できているから制限はお任せにする」といった感じなのかな?って思いました。

今の運転制限は法的なものではなく口約束。さらに「自分の疲れを把握できる状況」(ここが最も重要)だから、こんな感じになっているのかなぁ?なんて考えています。

これからの運転はどうする?

急に長距離を運転するのは危険です。今は30分ごとに休憩の約束ですが、「少しずつ運転時間を延ばしていこう!」というお話が出ています。

というわけで最終目標は連続2時間の運転ですね。2時間運転したら休憩です。

なぜ2時間なのかというと、障害を持つ前も2時間運転したら必ず休憩をしていたからです。

昔から運転休憩のタイミングには相当こだわっていました。もともと2時間以上は連続で運転しませんでした。そんな感じで房総半島を周ったり、筑波山に上ったり、千葉から宮城へ帰省したりしていました。

2時間連続で運転できたら万々歳です!2時間運転したらコンビニで休憩!これで私の行きたい所、すべてに出かけられます。ここが私のゴールです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました