スポンサーリンク

高次脳機能障害を卒業して…ゴールデンウィーク中は運転練習時間を増やしていこう

高次脳機能障害体験談~退院後~

やっと運転の制限も解けて、元の生活に一歩近づくことが出来ました。

でもまだ完璧ではありません。次の目標を立てなければなりません。

私のこれからの運転のテーマは「とにかく運転をして、連続運転可能な時間を延ばしていく。」になります。

ちなみに昨日の千葉リハは…

  • 行きは高速道路直前まで妻が運転。高速道路以降を私が運転しました。
  • 帰りはすべて私が運転をしました。

両方ともだいたい片道40~50分程度の道のり。

運転した結果ですが、強い疲れもなく「まぁこんなもんだよねぇ」といった普通の疲労感。全く新しい道を走ったわけですが、普通に千葉リハへと行って帰ってくることが出来ました。

私の最大の問題点は疲れ。

高次脳になって半年ぐらいは疲れを認識することが出来ませんでした。でも今は疲れをはっきりと認識できるし、どのくらい運転すれば疲れるのかも予測が付きます。

こうなってくればしめたもの。疲れないように計画を立てて運転をすればいいのです。どのくらい運転したら休憩をとるのかは、私の裁量次第となりました。

もともと私は必ず休憩ポイントを設置してドライブをしていましたので、この辺りの問題はクリアできます。

あとは安全運転ですね。もともと安全運転への意識は強いので、抜けのないように目視、目視、目視、ですね。

今はコロナで外出が制限されています。でも私のドライブは経路を決めてひたすら走るだけのもの。どこかに行くためのドライブはしません。だからコロナの影響は私の運転には関係ないです。

それどころか運転であちこちに移動できるようになれば、コロナに感染する危険性が格段に減ります。電車は嫌いです。私の人生を変えたインフルエンザには電車で感染しましたから。

そんなわけで、ゴールデンウィーク中は存分に運転を楽しみたいと思います。1年と4か月ぶりのドライブ。気合を入れて楽しみます。でも無理はしないように。経路設定は大事です!

コメント

タイトルとURLをコピーしました