成功体験を一つ一つ積み上げて自信を取り戻そう|高次脳機能障害を乗り越えたゴール設定

高次脳機能障害体験談~退院後~

病気をして障碍者になる。

今まで当たり前に出来ていたことが出来なくなる。

出来なくなったことはすべて壁。乗り越えなければならない壁。

全て乗り越えられたら以前の自分に戻れる。

そう信じて頑張ってきた1年と5か月。

今日もまた一つ。憧れだった以前の自分の姿を一つ取り戻せました。

いきなりポエムのようになってしまいましたが、障碍者になってからはずっと壁を乗り越えることの繰り返しです。

私のゴールはいつになるのかわかりませんが、とりあえず沢山の壁を乗り越えてきました。後どのくらいあるのかなぁ。

ゴールはもちろん「完全なる復活」です。

完全なる復活とは、止まってしまった時間の再稼働ですね。私の時間は2019年1月で止まっていますから。

乗り越えてきた壁ってなに?

「壁」という表現では抽象的で実感がわかないと思います。思い出せる範囲で乗り越えてきた壁を書いてみます。

易疲労の壁

脳に傷がついて易疲労という障害の症状が出るようになりました。これはもう完璧に乗り越えましたね。自転車で40Kmほど走っても平気ですし。

ちなみに易疲労って高次脳になった人が出やすい症状です。非常識なほどに疲れやすくなります。電話をするだけでもバテバテになります。イオンへの散歩だって辛かったです。音と光の刺激が強すぎて。

記憶障害の壁

記憶障害が私の障害のメインなんですけれど、これももう治ったじゃいかしら?って感じています。

状況を一番知っているのは妻ですけど、最近は何も言ってこなくなりました。私自身も「すぐに忘れてしまって辛いよう」となることも無くなりました。

忘れたとしても「忘れちゃった」って覚えているんですよね。これが結構大きいかもしれません。

朝、目が覚めた時も布団の中で「今日のお仕事はアレとコレ」みたいに思い出せますし。

当事者が困っていないのだから、「私は記憶障害です」って名乗るのも憚れるような気がします。そのくらい回復しています。乗り越えたんじゃないのかなぁ…

イマイチ確信できないのが高次脳機能障害の辛い所です。

自信喪失の壁

私にとっての最大級の壁です。自分への自信を失ってしまったとのは本当に辛い。

やることなすことすべて失敗。何かをすると必ず人に迷惑をかける。これの繰り返しでしたから。自信なんて木っ端みじんに消し飛びました。

対策はさんざんとりました。メモ、ノート、付箋、PCへの記録、DROPBOXの活用、EXCELの活用、GOOGLEDOCの活用。スマホの持ち歩き…思いつくことは何でもやりました。あまりにも手を広げ過ぎて収拾がつかなくなったこともありました。

でも、試行錯誤の末、仕事の漏れはなくなりました。それが一番自信回復につながったのかな?

日常生活でも漏れが減りました。そしてまた自信回復です。

妻が言うには「運転を再開してから急に状態が良くなった」そうです。運転再開は大きな目標だったので、それを達成してワンランク上がったんだと思います。

私にとっては自信回復が心の回復なのかもしれません。

以前、「心ってなんだ?」って考えたことがあります。私的には「心は自信に支えられている気持ち」なのかな?そんな結論ですね。

自信って心の根っこの部分だと思います。高次脳機能のピラミッドがありますが、これ最上位のさらに一段上が「自信」なのかも。追加しちゃおうかしら。でも一番下で支えているのも自信のような気がします。

高次脳機能のピラミッド図

とにかく、自信が回復しないと何もできません。怖くて。でも成功体験を積まないと自信って回復しないと思うんですよね。

高次脳のピラミッド。三角ではなくて「自信を経由して輪っかになったりしないかしら?」なんて思ったりもしています。

だから、この負の連鎖断ち切る行為が「壁を乗り超える」なんだろうなぁって思います。

仕事に対する不安

私、障害を持ってからというもの、仕事用のPCの前に座る瞬間がいつも辛かったんですよ。毎朝。

席に着いた途端に、とんでもない吐き気に襲われていました。怖かったんですよ仕事が。PCが。

いや、PC操作は普通にできるんですよ。っていうか人並み以上にできます。でも、

PCを使って今まで通りの仕事をする。

これがねぇ…すごい怖かったんですよね。失敗するんじゃないかと臆病になってしまって。

だって、今この瞬間までやっていた仕事が「プツン」と頭の中から消えてしまうんですよ。突然に。それはもう地獄です。何度も経験しました。シャレにならないですよ記憶障害って。

よくもまぁ心が折れなかったと我ながら感心します。でもほぼ発狂状態にまでなったこともありますけど…。

そんなわけで

「また失敗したらどうしよう。」

という、とんでもないプレッシャーが毎朝襲ってきていたわけです。だからもう毎朝、吐き気との闘い。

大学病院の先生が語った「高次脳の人がやる仕事ではない」という言葉が頭の中で流れるんですよね。負の記憶は何度でも再生されます。見事に。

そんな悪夢のような毎朝を過ごしてきたわけですが、最近ようやく「もう大丈夫だ」と感じるようになってきました。

心穏やかに機能の仕事の続きが行えるようになりました。

いやぁ本当にありがたい。普通に当たり前のように仕事が始められるのって本当にうれしいです。ありがたいです。

今でもやればできるんだ。という自信が回復してきた

高次脳機能になりましたが、計算やシステムの難しいロジックを考えることは、以前とさほど変わらずできるようです。ここがまた不思議なんですよね…。能力のアンバランスさが顕著に出ています。

そういえば千葉リハの心理検査を受けた時

「この問題を解けた人を久しぶりに見た!」

って驚かれたことがあります。何の問題なのかは秘密です。「内緒にしてね。」って言われましたので。

たわいのない会話かも知れませんが…これって結構自分の自信回復につながった気がします。「私はまだできるんだ」って自分を奮い立たせる材料です。

心理検査の結果も意外に良くて、これまた自信回復の一つになりました。

これからさらに自分を取り戻すためにしたいこと

これからは本格的体力づくりをしたいと考えています。そのためには自転車!もともと自転車でいろいろな所に行くのが好きでした。

なので「ダイエット・体力づくり・趣味・ブログネタ」この一石四鳥な美味しい趣味の自転車に力を入れたいです。そして今よりも体力をつけて、おなかのぜい肉も落として、易疲労ももっと改善させて、非の打ち所がないくらいに健康な人になりたいです。

ここまでできたら満点かな!?

そうそうこのブログにも訪問者がたくさん来てくれたら完全に満点ですね!何も言うことなしです。「幸せな毎日を送っています!」って胸を張って言えると思います。

私のゴールはそこになるのかな?まだ先が現れるかもしれないけれど、とりあえずはゴールを目指して突き進みたいです!

負けずに頑張ります!

これからもどんどん自信を積みあげていきますよ!

毎日夕方になると泣いていた自分はもういません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました