スポンサーリンク

高次脳機能障害を克服してるよね?と感じるようになるまでの私の障害のあらすじ

高次脳機能障害 体験談

病気で脳に障害を負った。
でもすぐに元通りになると信じていた。

できなかった。
出来ない理由が分からなかった。

仕事ができなかった印象がとても強い。
だが仕事以外にも出来ない事は沢山あった。

お使いすら満足にできない。近所への外出すら不安な状態。
出かけたら二度と家に返ってこれないかもしれない。
そう心配されていた。家族がフォローしてくれた。

私は行動を止めなかった。
失敗への恐怖心がなかった。
自分は元通りに何でもできると信じていた。
止まる事こそが最悪の失敗だと信じていた。

でも、できなかった。
出来ない理由が分からない。

だから出来るようになるまでやり続けようとした。
自分ならできるはずだ。
何時だって、どんな壁だって努力で乗り越えてきた。
成功体験をさんざん積んできた。
こんな障害も必ず壁を乗り越えられるはずだ。

周囲に強く止められた。また倒れてしまうから。
再び倒れたら次はない。

でも止めなかった。

「出来ないのなら生きる価値はない」
言い切った。
家族は泣いた。

失敗を繰り返すとともに、自分はダメになったのだと理解した。

仕事をするのが怖い。
失敗したらどうしよう。
そんな恐怖心に襲われる。

吐き気との闘い。
とんでもない疲労感。

記憶障害のハンデ。

人よりも何十倍も時間がかかる。
何をしてたのか分からなくなる。
同じことを繰り返す。

何度も。何度も。何度も。何度も…。
だが頑張るほどに記憶力が無くなっていく。
悲しすぎる障害。

努力を重ねても結果が得られない。
次々と失敗に襲われる。

自分の人生に無かった経験。
これほど沢山の失敗をしたことが無い。
私が失敗するなんてありえない。あってはならない。
周りにダメになったと思われる。最悪だ。

自分で自分が許せなかった。
だから限界を超えて挑戦し続けた。
家族を泣かせながら。

やがて

少しずつできることが増えた。
脳がゆっくりと回復した。

沢山無理をしたから?
ちがう。
線を引くようにしたからだと思う。

「勇気をもって終わりにする。」
ある人から、かけられた私の心の支えの言葉。

無限に作業をし続けるのは強い恐怖心からだ。
だから作業を止めるには強い勇気が必要だ。

作業を止めないのは心が負けているから。
心を強く持って作業を時間で区切るように心がけた。
少しずつ状況が良くなり始めた。

少しずつ前進した。
目標は病前の自分。

昔の元気なころの自分は大きな壁だ。
だが昔の自分を乗り越えるのが私の目標だ。
勝ち負けではないと思うけれど絶対に勝ちたい。

そのためにはどうすればいい?
そのためには自分に負けないよう心掛けることだ。

・時間を決めて行動する。
・過去ではなく未来を見る。
・目標を定める。
・目標を達成するための道筋を区切る。
・心は穏やかに。
・息抜きと休憩はとても大事。
・休憩ができない限りは昔の自分には追い付けない。

そして体力。体力づくりも忘れてはならない。

全ての基本。

どんなに脳を鍛えようとしても、体力が無いと脳機能は支えきれない。良い方向に進まない。

だから体力。絶対体力。

疲れにくい体があるからこそ脳機能は正常に働く。
注意力も記憶力も遂行機能もすべては体力から。

脳に新鮮な酸素を送ろう。

易疲労、記憶障害、注意障害、感情失禁、遂行機能障害
全部乗り切った。…と思う。最近は妻も何も言わくなった。

乗り切る秘訣は散歩。
心穏やかに。

最初のうちは心と体。両方ともに辛いと思う。
でもだんだん慣れてくる。

ゆっくりと静かな道を歩こう。
それが高次脳機能障害克服に繋がる第一歩。

そして妻のアドバイスは全面的に受け入れること。
正しいのは自分の考えではなく妻の言葉だ。

コメント

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました