スポンサーリンク

少しずつ高次脳機能障害が良くなってきたと思ったら…憑りつかれたようにイライラするのはなぜなの?

高次脳機能障害 体験談

家族が大きな病気をして脳に障害が残った。
「高次脳機能障害」
と診断された。

最初はこの先どうなるの?と不安でいっぱいだったけれど、少しずつ、少しずつ良くなってきたのかな?

そうだといいな。

出来なかったことも、少しずつできるようになってきた。それにともない本人に自信を取り戻せてきたよう。自発的に行動するようになってきた。

でも…

最近とても機嫌が悪い。ずっとイライラしている?

突然豹変することも…。大声を出すときもあるし怖い。

思い詰めて疲れている。無理のし過ぎは良くないよ。

だから

「ちょっと休憩しなよ。」

そう誘ってみる。

でも休む気配がない。どんどんイライラを募らせている。

休憩しないで根を詰めても何もいい事なんてないのに。

病院の先生も言っていた。

「努力しないように努力せよ。」

一見頓珍漢におもえたけれど今なら良くわかる。この言葉の意味。

スポンサーリンク

なぜそんなにイライラしているの?

障害で性格が変わってしまったのでしょうか?

私は違うと思います。

滅茶苦茶焦っているのです。(私の場合はそうでした)

なぜ焦るのでしょうか?

それは怖いからです。

自分は障碍者になった。出来なことが沢山現れた。突然に。

これって恐怖以外の何物でもないです。怖い。怖い。本当に怖い。

古井戸の奥底に落ちてしまった感覚。つるつる滑って上に登れません。出口ははるか上。大声で助けを呼びませんか?

助けを呼んでも誰も来ません。あせりますよね?何とかしなくては!って思いますよね。脱出しようと必死ですよね?

滑って手の皮がむけて血が出たくらい全く気になりませんよね?滑って落ちて足をくじいてもそれどころじゃないですよね。

まさに、そういう状態になりました。

現実は家の中にいます。安全です。ご飯も出てきます。あったかいお布団もあります。緊急事態ではないはずです。

でも…私の頭の中はそうではありませんでした。

「どうしよう。どうしよう。元に戻らなくちゃ。元に戻ったところを証明しなくちゃ。」

大学病院退院後、今まで当たり前に出来ていたことが出来ませんでした。理由が分かりません。ただひたすら焦ります。心の余裕なんて1㎜もありません。

もうね。触れば切れるナイフのような状態ですよ。大パニックですから。

当たり前のように出来ていたことを、当たり前のように出来ない。その壁にぶち当たった瞬間は地獄です。

なぜそんなにわがままが増えたの?

ツイッターで「自信がついてきたと同時にわがままが増えてきた」という書き込みがありました。

分かる気がします。どっちも辛い状況なんだと思います。

私はどうだっただろうか。妻にはこのように言われたことがあります。

「振り回されっぱなしで疲れる」

私は振り回している自覚が全くなかったので驚きました。

私としては「元に戻るための努力をしている。」なんですよね。それが妻の視点になると「わがままの連続」になっているのだと思います。

「うわぁ。気を付けなくちゃぁ」って心底思いました。

思うのですが…

どれがわがままで、どれが振り回している案件なのかが分からないのです。完全に自覚が無いのです。

自覚が無いと直しようがありません。正常と異常を知ってこそ、その差を埋められるわけですから。

高次脳機能障害はわがままだと認定されやすい障害なのかも?

自分を振り返ると、私の障害ってわがまま認定されやすいのかな?って思いました。

まず記憶障害がとっても厄介

妻に何度も言われました「あなたは忘れてスッキリしているけれど。私は覚えているのよ。」

ぞっとします。やった事を完全に忘れているのです私は。だから妻にもストレスが無いと捉えてしまうのです。前日にどんなにひどい事をしていたとしても。

次に易怒性・感情失禁

最近は怒ることは無くなりました。感情失禁はありません。でも酷い時は何かあるとすぐにブチ切れ状態になりやすかったです。

これは絶対に良くないです。幸いにも妻が原因で妻に切れるということは1度もありませんでしたが…。切れるのはいつも自分自身に対してでした。

遂行機能障害もとても厄介

私にとっては記憶障害と遂行機能障害はセットな感じです。途中でやることを忘れちゃって目的を果たせなくなるんですよね。

やっていたことを途中で辞めちゃうわけですからね。酷い話です。これも人から見たら「ひどーい」ってなりますよね。

私自身は、本当に完全に忘れているのですが、それに気づくのはとても難しいと思います。

本を見ている最中に「あれ?何の本を読んでいたんだっけ?」ぐらいのレベルでしたから。

高次脳機能障害は少しずつ良くなる

少しずつ良くなると言われて、確かに少しずつ良くなりました。ここまで約2年です。

今では自動車の運転も出来るようになりました。コンピュータシステム開発のお仕事も以前のように出来るようになりました。こうしてブログだって書いています。もはや健常者レベルだと思います。

最初の頃は30秒も記憶が維持できていませんでした。それでも今では元のように戻りました。(脳は元に戻らないと言われていますケドね…)

高次脳機能障害はゆっくりと回復するようです。

最初本人には自覚はありません。だから矛盾した行動をとり続けると思います。しわ寄せはすべて周囲にのしかかってくると思います。

でもゆっくりと。ゆっくりと。回復します。

回復のプロセスでかならず、壁ぶつかるとおもいます。そこで大荒れするはずです。

でも、そこを乗り越え垂れたら…次のステージが待っていると思います。

楽しかった毎日を再び遅れるようになるための、儀式だと思います。

高次脳機能障害になる以前にためた信用貯金を、周囲に支払っている状態とも言えますね。

信用貯金が尽きるのが先か。回復するのが先か。なのかもしれません。

コメント

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました