スポンサーリンク

インフルエンザ脳症の症状・いろいろな方々の体験談まとめ

今日はインフルエンザの重症化について関係のある記事の紹介です。

体験談は子供のものがメインです。大人がかかる病気ではないですしね…1万人に1人の確率だそうです。まとめてみました。

スポンサーリンク

インフルエンザ脳症のネットの情報まとめ

「予防接種してもインフルエンザに罹るよね?じゃぁ意味ないじゃない」って思う方がいるそうですが、「重症化を防ぐ」という最後の砦の役割もするんですよ。 ↓↓↓

インフルエンザワクチンには重症化を防ぐ効果もある、と強く訴えたい話 | 星野ファミリークリニック
救急病院に勤務していたころですが、インフルエンザ脳症にかかったお子さんを診察したことがあります。 脳は、通常かなり強固に守られていますが、ある種のウイルスや人側の要因によってまれに脳までウイルスが届いてしまうことがあります。このお子さんも懸命の治療で命はとりとめましたが、けいれんや意識障害といった重度の後遺症を残しての...

ツイッターでインフルエンザ脳症の体験談が掲載されています。

インフルエンザ脳症の異常行動は私もありました。記憶がすぐに消し飛んでしまうから、何度も同じことを繰り返すんですよね。おとなしくしていたので拘束されなかったのが不幸中の幸いです。

ずーっと幻覚を見ているような状態でした。ちなみにずーっとって半年くらいです。なかなか認知が正常になりませんでした。 ↓↓↓

インフルエンザ脳症を患った人、親族が患った人の体験談に注目!幻覚や奇行、性格変化が怖すぎる|FINDERS
「クリエイティブ×ビジネス」をテーマに、新たなイノベーションを生むウェブメディア

かなり昔に作られたのかな?シンプルなまとめです。…が、ここに書いてある情報はすべて合点がいきます。ここではインフルエンザ「脳症・脳炎」が紹介されています。

私の脳も腫れ上がっていたそうです。海馬に傷がつてしまった影響なのかな?

MRIで毎日経過観察をしていました。幸いにも脳の傷はきれいに無くなりました。運悪く脳内の傷が悪化する人もいるそうです。 ↓↓↓

インフルエンザ脳炎・脳症

「5歳の女の子。午前中に病院に行ってインフルエンザとわかるも元気。それが夕方には救急車。そのまま亡くなる」進行の早い脳症だったそうです。↓↓↓

愛する人のために。インフルエンザ脳症で娘を失った父親の願い。
三浦拓(みうらひらく)です。 三浦愛來(みうらあいく)、5歳と9ヶ月19日でこの世を去った愛娘"くーちゃん"の父親としての、恐らくは最後のブログエントリーです。これからも当然ずっと、私は彼女の父親です。また何かの機会にくーちゃんのことを書く機会があるかもしれません。

13歳の子のインフルエンザ脳症異常行動が書いてあります。

最後に空気清浄機の宣伝が入っているけれど。なんだろうこれ?ちなみにうちも昔からBlueAirの空気清浄機を使っています。でも感染したのは電車の中ですけれどね…インフルエンザをもらってしまう対策に空気清浄機はあまり関係ないと思います。

密室でマスクもせずに正面を向いてゲホゲホしているアホがいたら終わりですよ(怒)

こどもの空気研究所
こどもの空気研究所はこどもの室内空気環境のあり方を考えるための取り組みです。こどもの空気環境にまつわる様々な情報を発信していく情報発信サイト。

インフルエンザを重症化させてしまった子供を持つお母さんたちの体験談たちです。なぜうちの子が…ですよ。泣きます。↓↓↓

みなさんからの反響2002-1

お医者さんが書いたインフルエンザ脳症の記事。とても詳しく書いてあります。必見です。

私の治療でガンマグロブリンを使う話もありました。↓↓↓

インフルエンザ脳症の症状・治療法・予防法…後悔しないよう大人も注意を [インフルエンザ] All About
【小児科医が解説】後遺症リスク・死亡率ともに高いインフルエンザ脳症。5歳以下の子供に多いインフルエンザの合併症で主に発熱から48時間以内に起こり、予防接種を受けなかったことなどを後悔される声も伺います。大人の発症・死亡例もあるインフルエンザ脳症の原因・症状・後遺症・治療法、予防法について解説します。

赤ちゃん系の子育てサイトにもインフルエンザ脳症の記事が。小さい子が熱を出して朦朧としていたら怖いですものね…お医者さんが書いています。「脳炎」と「脳症」の違いについて少し触れています。私は「脳症」でした。髄液検査ではインフルエンザウイルスが検出されていたのですが、ウイルスが脳に直接進入はなかったようです。

赤ちゃん&子育てインフォ|インターネット相談室 Q&A
公益財団法人母子衛生研究会による妊娠・出産・子育ての情報提供サイトです。妊娠&子育て相談室や、公益財団法人母子衛生研究会の母子健康手帳 副読本の公開、公益財団法人母子衛生研究会主催のマタニティ教室「ハロー赤ちゃん!」の広報、成長・発育曲線や妊娠中の体重の記録ツール等により、妊娠~子育て中の健やかな生活をサポートします。

厚生労働省のインフルエンザ脳症のガイドラインです。初期対応のフローチャートがあります。私は「異常行動あり」で「短時間で焼失するもの」だったのかな?↓↓↓

https://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/hourei/2009/09/dl/info0925-01.pdf

表5の異常言動・行動をじぶんでやってみた。

  • A.事故に繋がったり他人に危害を与える可能性のある行動・・・なし。
  • B.幻視・幻覚・感覚の混乱・・・目の前にあるものが見えない。存在しないものが見えている。自分のいる状況が正しく認識できない。・・・あり。
  • C.うわごと・歌を唄う・無意味な動き・・・話す内容がばらばらで、筋道が通った話や会話ができない・・・あり。
  • D.おびえ・恐怖・怒る・泣き出す・笑う・無表情・無反応・・・理由もなく泣く、泣き叫ぶ、泣きわめく。・・・あり。
  • E.何でも口に入れてしまう。・・・なし。

参考資料

専門家が作成したこの二つのPDFは何度も読み返すと、自分が行った治療の内容が見えてきます。また読み返したいと思います。自分を高次脳機能障碍にした病気の資料です。↓↓↓

https://www.mhlw.go.jp/kinkyu/kenkou/influenza/hourei/2009/09/dl/info0925-01.pdf

https://hospital.city.sendai.jp/pdf/p017-022%2021.pdf

コメント

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました