スポンサーリンク

コロナの予防接種を受けました。その感想!痛みは熱は体調は?

コロナの予防接種を受けました。一般成人ですが基礎疾患アリなので、高齢者と同じタイミングでの接種となります。

私が受けたのは「ファイザー製薬」のワクチンです。

8/23のお昼に左上腕部に注射。

針を深く打つと聞いていましたが、針が細いので「べつにこんなもんでしょ?」といった感触でした。痛くはなかったですよ。一瞬で済みますし。でもプツッっていい音がしましたよ!

副作用(?)としては、1日半経過した今も腕がだるいです。激しい筋肉痛状態にちかいかな?

例えていうのなら「昨日、左腕に蹴りを喰らってアザになった腕が痛てぇよぉ。」そんな感触ですね。痛みはそのうち治まりそうな予感です。

体のだるさ、頭痛、発熱などは一切ありませんでした。

運動はしないようにって言われていたので、おとなしく過ごしましたよ。念のために運転もしていません。お風呂は入って良いとのことなので普通に入りましたよ。この辺は他の予防接種と同じですね。

私は2019年1月にインフルエンザに罹りました。その時はワクチンを接種していなかったんですよね。だから重症化してしまい、この通り高次脳機能障害になり大後悔という経験をしています。

だからコロナのワクチンは早く打ちたいと考えていました。多少の副作用は気にしませんよ!ようやく打てて半分安心しています。2回目の予約もとってあります。来月ですよ!

スポンサーリンク

コロナのワクチンのデマって何のため?

コロナワクチンと言えばついて回っているのがデマ情報。

すっごい不思議なんですよね。なぜコロナワクチンのデマが出回っているのでしょうか?

私が聞いた限りではこんなのがあります。

  • 5G電波を受信するようになり政府にコントロールされる。
  • 強力な磁力を負うようになり鉄を引き寄せるようになる。MRIが故障する。

他には…検索したら不妊とか流産というのもあるようですね。

「不妊・流産」「遺伝子組み換え」ワクチンデマ“拡散の主犯” わずか数十人の投稿が基に 誤情報に惑わされないために対策は(夕刊フジ) - Yahoo!ニュース
 新型コロナウイルスの感染者が国内で2万人を初めて超える中、ワクチン接種をめぐり、SNSなどで「若くして不妊になる」「遺伝子を組み換える」といったデマや間違った情報が広がっている。専門家の分析では、
磁石が腕に…米で接種関連デマ拡散 背景は(日本テレビ系(NNN)) - Yahoo!ニュース
ワクチンを打った腕に磁石がくっつくという動画。もちろんデマですが、アメリカではSNS上で広がっています。背景にはインフルエンサーの存在もあるといいます。      ◇ アメリカ・ニューヨークでは

しかし、なぜこのようなデマって出るんですかねぇ?全く意味不明ですよ。理にかなっていない。

そもそもMRIが故障するほどの磁力を帯びたら、それはもう周囲にある金属が全部張り付くでしょう。命にかかわりそうです!そんな事態になったらマスコミが放置してはおかないでしょう。大々的に報道しますよ。日本だけの問題ではないです。世界中の人類すべてにかかわる問題ですからねぇ。隠すなんて絶対不可能です!

でもそんな事故が起きたというニュースは見たことないですよ。ほんと、こういうデマを流す連中っていったい何なのでしょうかね。わけが分かりません。愉快犯というやつなんですかね?酷いです。

私自身、腕に何かが吸い付くという現象は起きていません。また、5G電波を受信している気配もありませんね。今はとにかく「腕がだる痛い!」だけですよ。この程度でコロナに罹っても重症化が防げるのなら大歓迎です!

ワクチンを接種することで不妊になるというのは本当ですか。|Q&A|新型コロナワクチンQ&A|厚生労働省
ワクチンが原因で不妊になるという科学的な根拠はありません。ワクチン接種により流産率は上がっておらず、妊娠しにくくなるという根拠も確認されていません。

打てるのならワクチンは絶対打つべし!

ワクチンの大切さは身に染みて理解しています。

この2年半は本当に辛かった。インフルエンザ脳症で高次脳機能障害ですからね。

最近ようやく定期的に外に出て働く機会を得ましたが、それまでほとんど引きこもり生活。今でも疲れ果てた夕方になると記憶がどこかに飛んでいくときがあります。

また、病前は自信に満ち溢れている性格でしたが、障害で自信を根こそぎ失いましたよ。だって記憶障害で何もかも忘れて失敗しまくってきましたからね。

もし本当に5G電波を受信するようになるとしても、体が磁力を帯びるようになるとしても、高次脳機能障害になるよりは全然ましですよ!

私は障害が軽い部類ですが、それでも疲れなくなって、心が落ち着くようになって、自分の障害を把握するまでに2年かかっています。いつも「治ったよなぁ」と思いつつも、まったく治っていない現実を突きつけられていました。そのたびにがっかりするんですよ。

そして注意障害もあるから失敗するんです。とにかく失敗。わかりますか?病気をするまではすべてに成功する人生を送ってきました。記憶違いなんてありませんでした。常に勉強をして新しいアイデアを出して、多くの人からみとめられてきました。それが一瞬でパーです。積み重ねてきたものがゼロになりました。

いや、ゼロというよりもマイナスですね。ゼロ以下ですよ。

こんなに空しいことはありません。失ったものを取り戻そうと必死になるほど失敗するんです。絶対に成功しないのです。「どんなに努力しても何も残らないんだ」そう絶望しましたよ。それが私の障害でした。

今あなたがコロナワクチンに関するデマを信じたとします。そのあと待っているのは「後悔と絶望」だけです。自信を持って断言できます。絶対に後悔します。

「感染しても重症化しない」これでいいんですよ。熱が出たっていいんですよ。数日寝込んだっていいんですよ。重症化しなければいいんですよ。内臓が壊れなければいい。血管が壊れなければいい。脳が壊れなければいい。本当そうなんですよ。

もう一度言います。

コロナワクチンを打っても「腕がだるいだけ」です。熱が出る人もいるかもしれませんが一時的なものですよね?そのうち解消しますよね?別に気にするほどではありませんよ。

でも、コロナワクチンを打たないと一生後悔します。いや、効果をすることすらできないかもしれない。これほどまでに医療崩壊して大騒ぎしているのはデマではないです。現実です。

無防備な状態でコロナに罹るとサイトカインストームがおこると言われています。

「なんか怪しい言葉が出てきたぞ。宗教か?」って一瞬思う人がいるかもしれませんね。なら検索してみると良いでしょう。病院のサイトがごっそりと出てきますから。宗教関係なんて出てきませんよ?

サイトカインストームは、未知のウイルスへの過剰な免疫反応です。ワクチンを打たない事で、体の防衛機能が強烈に働いてしまうというものです。その結果、全く無関係な体内の細胞までも傷つけてしまう事故が発生します。

私はその事故が脳の海馬という場所で発生しました。

  • インフルエンザに罹る
  • サイトカインストームが発生する
  • 脳の血管に傷がついた
  • 高次脳機能障害という後遺症が残った

このような経緯をたどって、障碍者となる現在に至るのです。

幸いにもインフルエンザには薬があります。だからインフルエンザが判明した時点で即、薬を注射されて全身への被害は免れましたが、コロナは全身がずたぼろになるようです。

第10回 新型コロナウイルスと血管炎と多臓器不全について | 小児科・内科ブログ

ここまで読んでも「コロナはデマ」「ワクチンを打つとコントロールされる」という戯言を信じるのでしょうか?

正常な思考ができる人であれば、コロナ感染を避ける工夫をし、ワクチン接種を静かに待つものではありませんか?

私は来月の2回目の接種が待ちどおしいです。早く打って安全を手に入れたい。もうサイトカインストームは嫌です。というか再びなったらその先の人生はあるのか?…とゾッとします。

コメント

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました