インフルエンザ脳症の治療は「ステロイドパルス」でした

高次脳機能障害 体験談

私がかかったのはインフルエンザ脳症。インフルエンザに感染した際に発生する免疫反応が暴走して体内を傷つけてしまう症状です。

どこが傷ついたのかというと、私の場合は脳でした。最悪です。それゆえ朝から異常行動を起こしていたのです。

ちなみにはたから見ると異常行動ですが、自分にしてみれば正常な行動のつもりなんですよね。自分が異常かどうかが分からないのが異常行動の怖さですね。

この危険な状況への対策がステロイド剤の大量投与でした。ステロイド剤なので重篤な副作用があります。それでも妻は「治療を行ってください」と言いました。それしか選択肢がないですからね…

とても勇気がいる決断だったと思います。

コメント

にほんブログ村

タイトルとURLをコピーしました