2019-10

インフルエンザ脳症体験談~入院時~

頸部動脈エコー体験談|インフルエンザ脳症で入院したら糖尿病が見つかった(1月17日)

糖尿病の進行具合を確かめる頸部動脈エコーを受けた体験談。結局、糖尿病と判断されるわけですが、大変なのは警部動脈エコーではなくその後のインスリン注射の毎日です。
インフルエンザ脳症体験談~入院時~

脳症なのに陽気!?感情の抑制が効かず気分がハイになっていた入院2日目

インフルエンザ脳症で入院して2日目。脳に傷がつき、脳全体が腫れ上がっていた状態の私は感情の抑制力が壊れていました。 そこには悲しんだり怒ったり…その瞬間瞬間の感情に支配されている私がいました。 これが脱抑制なのだと思います。
高次脳機能障害体験談~退院後~

高次脳機能障害から9か月|心理検査で実感した回復し続ける脳

脳は回復し続ける!インフルエンザ脳症で高次脳機能障害。ただいま精神障碍者手帳3級。入院中に受けていたものと同じ心理検査を9か月ぶりに受けました。 「まだまだ脳は回復し続けている」を実感。将来に希望が持てます。近いうちに手帳は返却?そんな体験談です。
高次脳機能障害体験談~退院後~

高次脳機能障害の私が新しいことに挑戦!リハビリとして何を始めるか考えた

高次脳機能障害になってから9か月。そろそろ次のステップに進みます。次のステップは「趣味を作る」です。仕事以外の何かに熱中したい。どうせなら何かを作りたい。人々の感情を動かしたい。高次脳機能障害の私にぴったりな趣味をピックアップしました。
インフルエンザ脳症体験談~入院時~

戦慄!病室から消えたスマホ|記憶障害の私と口約束したらこうなった

何度も確認されて「わかったよー」と返事をしたのに…少し時間がたつと忘れてしまう。それが記憶障害の厄介なところ。 それを如実に表したエピソードがあります。 【スマホお持ち帰り事件】 私の記憶障害は「良い記憶は思い起こせないの...
インフルエンザ脳症体験談~入院時~

入院中は寂しい|ベッドの上の孤独な一か月を支えてくれたもの

「面会時間が終了しました…」 17:00になると流れる院内放送。朝からお見舞いに来てくれていた妻が帰宅する時間がやってきました。 私は入院病棟入り口から、エレベーターを待つ後姿をじっと見つめてお見送りです。 東京と田舎の地...
インフルエンザ脳症体験談~入院時~

これしか治療法がありません|一生を左右する副作用を前に妻が下した決断

脳に異常をきたして緊急搬送された私。検査の結果すぐに始まった治療はステロイドロイドパルス療法。 一生モノの副作用の危険性がある一か八かの治療法でした。私自身は認知が崩壊してまともな判断はできません。決断は妻が下しました。
タイトルとURLをコピーしました