インフルエンザ脳症体験談~入院時~

高次脳機能障害の易疲労性|入院中の電話でグッタリ

高次脳機能障害の易疲労…同じ電話連絡でも仕事仲間と家族とでは、まったく体の反応が違うことに気が付きました。 やっぱり家族って特別な存在なんですなんですね。
インフルエンザ脳症体験談~入院時~

高次脳機能障害の易疲労性|楽しみだった週刊少年マガジン最初の1ページが読めない

「私は漫画すらも読めなくなったのか…」高次脳機能障害の易疲労性に襲われました。それを初めて自覚したのは入院中に週刊少年マガジンを読もうとした時でした。
高次脳機能障害体験談~退院後~

怒りで大パニック!易疲労と記憶障害の無限ループ

数時間かけて積み重ねてきたものがちょっとした拍子で崩れてしまう。崩れたら最初からやり直しです。それが何度も繰り返されます。 記憶障害を持つ私はついに発狂状態になりました。なぜそこまでするのでしょうか?暴走状態の私はどうやって止められたのでしょうか? 高次脳機能障害の方が仕事を復帰する際に気を付けるべきポイントです。
高次脳機能障害ハック

高次脳機能障害の運転再開までの手順|千葉リハビリテーションセンターのOTさんにまとめていただきました

高次脳機能障害を持つ私が運転免許再開までの手順を千葉リハビリセンターのOTさんに確認してまとめました。あの悪夢の心理検査をもう一度経験しないとならないようです。脳が回復しているのなら大丈夫だと思いますが、かなりきつい戦いになりそうです。
高次脳機能障害ハック

作話は記憶のロシアンルーレット!?自信を削りとられる原因と対策

私は高次脳機能障害で記憶障害があります。記憶障害で困るのは「思い出せない事」そして「作話」です。作話ってバラバラになっている記憶をつなぎ合わせて辻褄を合わせた結果なのだと思います。 これが本当に厄介で、自分からごっそりと自信を奪っていくのです。
インフルエンザ脳症体験談~入院時~

入院中は心細い…1か月の入院生活で心が負けないために実践した二つの事

インフルエンザ脳症で1か月の入院。面会時間が過ぎて寂しくて心細い一人の夜。病気への不安。 「寂しさを紛らわすかのように...」 私は二つのことに集中して、寂しさを乗り越えつつ、未来へつながる希望を作り出そうとしていました。
インフルエンザ脳症体験談~入院時~

車イスは硬くてガツガツして痛いんだ…入院病棟から検査室5分間の苦痛

インフルエンザ脳症で入院。毎日の検査は車イスで移動です。車イスに初めて座りましたがとにかく痛い!数分の移動が苦痛で仕方がありませんでした。 「外で車イスで移動なんて無理!」そう感じました。じゃぁどうすればいい?そんな体験談です。
インフルエンザ脳症体験談~入院時~

大学病院入院中に味わった屈辱の毎日「きっと良くなりますよ」

インフルエンザ脳症で大学病院に入院。そこで毎日受けた屈辱の儀式はトラウマものでした。「絶対に見返してやる!」と心に誓い傷ついた脳で努力を重ねましたが…。
高次脳機能障害ハック

精神障碍者手帳が届いた!3級を取得するまでの経緯とこれから

本日2019年9月13日。朝一で精神障碍者手帳が郵送されてきました。 インフルエンザ脳症の後遺症で高次脳機能障害になってしまったからです。 今はもう気持ちが吹っ切れていますが、正直に言うと手帳を自分が持つことに強い抵抗感を感じて...
高次脳機能障害ハック

千葉リハで受けた高次脳機能障害のリハビリ|いったい何のために?

千葉リハビリステーションで受けた高次脳機能障碍者向けのグループリハビリの概要です。「受けてもあまり意味がないのでは?」と考えていましたが、受けてみた良かったと感じています。なぜなのでしょうか?その概要を伝えています。
タイトルとURLをコピーしました